クリスマスプレゼント 2

01ca235d.jpgまさかのプレゼントにyo-koのテンションは天井を突き抜けた。
ウフフフフと笑いながらページをめくる。
一番最後まで見終わると、また最初からページをめくりはじめる。
布団に入り寝るまで繰り返していた。
プレゼントした甲斐がありました。 blog ranking

クリスマスプレゼント

292d6533.jpg自分で撮った写真を本に出来る「Photoback」というサービスがあり、夏の佐久島旅行で一度本を作ってみた。
撮った写真が製本されるのは記念にもなるしかなり嬉しい。
また何かの機会にと思っていたら、今度は文庫本サイズに製本できるサービスが始まった。
ページ数も多いし文字も入れられる。
これでyo-ko本を作ろうと計画した。
12月に入り今年のyo-koの写真を集める。
300点ぐらいの中から70点ぐらいに選りすぐり、まとめ、文章を考える。
ばれないようにyo-koが寝てからの作業だ。
そして昨晩、いよいよ渡す時が来た。
続きはまた明日。 blog ranking

5連チャン

d76aa811.jpg金曜日の会社の送別会から始まり土曜日と日曜日にクリスマス会、月曜は家で、火曜日はyo-koの実家でクリスマス会とお酒を飲む日が5連チャンとなった。
起きるのも辛く、体もなんだかだるい。
正月前にこんな調子では先が思いやられる。
クリスマスで今日も飲むか。 blog ranking

バッグの中身

74fc8c32.jpg家に帰ってきて、玄関口で何気ないふりでyo-koにバッグを手渡す。
「おもーーーい!」と驚くyo-ko。
会社の部下が、両親の実家から送ってきてくれた青森のリンゴを四つくれ、それをバッグに詰めて帰ってきたのだ。
しかもバッグの中身はそれだけではない。
趣味の一眼レフカメラ、ほぼ日手帳も入っている。
自転車で30分の道のりを汗をかきながら帰ってきたのだ。
びっくりさせるために何気ない顔をしていたが、yo-koを驚ろかせるという目的を果たしたことにより一気に疲れがでた。
くたくた。 blog ranking

結局パジャマ

d7975be2.jpg仕事の帰りが遅い為、家に帰るとyo-koはご飯を食べお風呂も入りパジャマに着替えた状態だ。
その時間と朝と休日が絵日記のネタになるので、どうしてもパジャマ姿のyo-koが多くなる。
それが気になったようで「昼間はちゃんと着替えてるんだよ(一日中パジャマじゃない)」とパジャマ姿のyo-koにクレームをいただいた。
善処します。 blog ranking

夢にトシちゃん

db3a5982.jpg「聞いて聞いて~」とyo-koに起こされる。
「トシちゃんがね~………」と夢に田原俊彦が登場したらしい。
そしてすっごいかっこいいリムジンに乗ってたとか、楽しそうに語り始めた。
その嬉しそうな話しっぷりはまるで数十年来の大ファンで、夢に出来てきてくれたことが嬉しくて嬉しくてしょうがない、というような熱の入りよう。
「トシちゃんファンやったっけ?」と聞くと「フッくんファン」という答え。
フッくんね~(笑) blog ranking

折り紙

0a0c7360.jpgyo-koが「わかんなくなっちゃった」と作りかけの折り紙を持ってきた。
折り方の図と見比べると折り方が全然違ってる。
「しょうがないなぁ~」と残りを引き受ける。
小さい時から手先が器用で折り紙とか大の得意。
余裕綽々で折り始めたものの雲行きが怪しくなってきた。
折り方の説明がへたくそなのか、折り紙のレベルが高いのかなかなか前に進まない。
だんだん頭に血が上りはじめ「ん?」「あ~?」「わけ分からん」と独り言が多くなり始める。
そばで見ていたyo-koはえらいものを渡してしまったと思ったのか「もう止めていいよ」という。
しかし、こんな途中で放り出すことは出来ない!
意地になりながらも頭をフル回転させ、なんとかできあがった時にyo-koの姿はなかった。
完成したが満足行く結果ではなかった。 blog ranking

バリア

6b79175f.jpgコンビニのトイレで大きい用を足し、手を洗おうとしたら蛇口が取れてて「部品取り寄せ中」という張り紙が。
手が洗えない!
まさか便器の水で洗うわけにもいかず、とりあえずそのまま外に出た。
yo-koに言うか言うまいか悩んだが、正直に話すと「えー、汚い~!」と両手でバリアを張られた。
バリアなんてなんちゅー古くさいリアクションなんだ!と思っていたらいつまでたってもバリアをとこうとしない。
結局大勢人が行き交う街中、次のお店までバリアされたままだった。
人としての扱いをされなかった。 blog ranking

電気毛布

a8ced4e5.jpgお風呂から出てくるとyo-koはすでに布団の中。
yo-koは冷え性なのでいつも足元だけに電気毛布をかける。
後から寝る自分が温まった頃合いを見てコンセントを抜いている。
しかし「足元が全然温かくならないの」というので電気毛布のスイッチを見るとランプがついてない。
よく見ると「切」になっているではないか。
そのことを伝えると「やっぱり~」と半分わかっていた様子。
しかし眠いし面倒くさいので布団から出たくなかったので、お風呂から上がってきて電気を入れてくれるのを待ってたらしい。
それぐらい自分でやりましょう。 blog ranking