危険を察知

テレビを観ていたら、yo-koの足がスーッと延びてきた。

ふくらはぎをつねられると察知して、慌てて避けたらテーブルにすねを強打。

「つねる気なんてなかったよ」
と涼しい顔のyo-koと悶絶する俺。

人気ブログランキングへ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です