フランダースの犬

0530ab8f.jpg子供向けの映画やアニメが始まる夏休み。
自分たちが小さい頃は、デビルマン、マジンガー、ゲゲゲの鬼太郎、妖怪人間ベム、ふしぎなメルモ、ドロロンえん魔くんなどが楽しみだった。
そんな海の日の休日、チャンネルを色々変えていたら一つのアニメで目がとまった。
劇場番フランダースの犬がBSで流れていたのだ。
泣くのは絶対わかっているが、ついつい見てしまった。
物語は終盤にさしかかり、不幸が一気に押し寄せる。
風車の放火の濡れ衣を着せられ、仕事もなくなる。
絵の展覧会で賞が取れず、家賃が払えなくなり絶望するネロ。
雪の降る中行き着く先は大聖堂………。
思い出すだけでも駄目だー。
夫婦で号泣。 blog ranking

4件のコメント

  1. お休みの朝、起きた早々、
    悲しすぎる映画だったね。。。
    昔、horiと一緒に観に行って、
    しばらく現実に戻れなくて大変だったわ~~~

  2. 私も大の犬好きなので、フランダースの犬はあらすじを人に話すだけで号泣してしまいます。
    大人が意地悪だし、最悪よ!!
    結構、トラウマ。。。

  3. ■デビコ
    俺も小学生のとき、本を読んで号泣したよ。
    風邪引いて、一人で寝てるときに読んだから余計感化されたのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です